今年の「期待びな」はバイデン、ハリス両氏 手にマスク

瀬戸口翼
[PR]

 東京都台東区の人形店「久月」で27日、米国のジョー・バイデン大統領と、女性で初めて就任したカマラ・ハリス副大統領を模したひな人形が披露された。

 同社は毎年、3月3日のひな祭りを前に、活躍が期待される人物を題材にした「期待びな」を制作しており、「世界秩序回復」の願いを込めて、20日に就任した米国の正副大統領を選び、マスクを持たせた。横山久俊専務(38)は「新型コロナウイルスが終息して、マスクを外したまま明るく笑って過ごせる世の中になってほしい」と話す。

 人形の高さは「殿」が40センチ、「姫」が38センチ、重さは約2キログラム。29日まで久月本社で公開される。その後の展示は、新型コロナの感染拡大の影響で未定という。(瀬戸口翼)