おしゃれだった母と、納体袋越しの別れ そのとき家族は

有料会員記事新型コロナウイルス

多鹿ちなみ
【動画】会えないままに コロナ下の「みとり」=小杉豊和、多鹿ちなみ、平賀拓哉撮影
[PR]

 新型コロナウイルスによって奪われた命。感染予防のため対面が制限されるなど、不自由な「みとり」が遺族の心情を複雑なものにしている。大切な人の最期にどう向き合えばいいのか。模索が続く。

 苦しむことなく眠るように逝ってほしい。そして、赤やピンクの花を敷き詰めたひつぎに、色鮮やかな着物姿の母を寝かせ、たくさん思い出話をしよう――。

 堺市の城市(じょういち)浩さん(61)は、大阪市内の老人ホームに入所していた高齢の母、千恵子さんがもし亡くなったら、そんなお別れをしようと考えていた。若い頃からおしゃれな自慢の母。だが、現実は非情だった。

従業員30人分のカレー作る姿

 昨年11月中旬、千恵子さん…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]