クラフトビール、一転ピンチに 観光や外食向け振るわず

有料会員記事

若井琢水、中島嘉克
[PR]

 クラフトビールをつくっている各地の醸造所がコロナ禍に苦しんでいる。観光や外食向けが振るわず、「家飲み需要」の恩恵は受けにくい。近年のブームは終わってしまうのか。

写真・図版
香川県の小豆島にある醸造所「まめまめびーる」の商品。酒税法上の扱いは発泡酒だ=醸造者提供

 香川県小豆島にある醸造所、まめまめびーるは、しょうゆのもろみなど地元の素材を生かし、観光客らの人気を集めてきた。

 しかし、コロナ禍で観光客も帰省客も減少。小豆島観光協会によると、島の内外を結ぶ昨年12月のフェリーの乗降客数は前年より35%ほど減った。

 醸造者の中田雅也さんは「気…

この記事は有料会員記事です。残り998文字有料会員になると続きをお読みいただけます。