桂文枝さん「2日続けて死亡届なんて」 妻と母が死去

 落語家桂文枝さん(77)の妻の河村真由美さんと母の河村治子さんが、今月相次いで亡くなった。真由美さんは67歳、治子さんは99歳だった。

 関係者によると、真由美さんは今月24日に病死し、治子さんは翌25日に老衰で死去した。文枝さんは27日、所属先の吉本興業が運営するメディアでコメントを発表した。

 「人生の中で2日続けて死亡届を書くなんて思ってもいませんでした。

 真由美は、贅沢(ぜいたく)を嫌い困っている人にはとことん親切にするという超真面目人間でした。やがて、私の個人事務所の社長として帳簿付けから着物の管理、子供の世話と忙しい毎日を送り出来の悪い私を本当に陰で支えてくれました。

 働き者で元気な真由美が昨年、癌(がん)を発症し、今年に入って目に見えて衰弱していきました。亡くなる前日、真由美が私を見つめ『ごめんねぇ』と小さな声でいったのです。今、書きながらも涙が止まりません。その時の真由美は美しく、出逢(であ)った時のままでした。

 そして翌日、追うように母が息を引き取ったのもいまだに信じられません。母が介護施設に入ってからも真由美は母の好きなみかんを買ってたびたび訪れてくれていました。

 悲しいです。辛いです。

 でも、私は2人のためにも落語と向き合って今以上の努力をし皆様に喜んでいただくよう芸道に励みます。それしか2人に報いる手立てがありません。みなさまにご心配いただきましてありがとうございました。こころより御礼申し上げます」