[PR]

 菅義偉首相は28日未明、バイデン米大統領と約30分間、電話協議を行った。大統領就任後初めての協議で、日本が提唱する「自由で開かれたインド太平洋」(FOIP)の実現に向けて緊密に連携し、地域の課題に共に取り組んでいくことで一致した。日米豪印4カ国の協力推進についても一致した。

 日本政府の説明によると、バイデン氏とアジアの首脳との電話協議は初めてという。菅首相は首相公邸での協議終了後、記者団の取材に応じ、「バイデン大統領との個人的関係も深めつつ、日米同盟の強化に向けてしっかり取り組んでいきたい」と述べた。米政府の発表によると、バイデン氏は、首相に「核の傘」を含む拡大抑止を日本に提供する意向を表明した。関係者によると、バイデン氏は会談で「日本は大事な国だ」と述べたという。

 両首脳は、新型コロナウイルス感染症対策や気候変動問題など、国際社会共通の課題について日米で緊密に連携していくことで一致した。新型コロナのワクチンの日本への供給も含め、協力していくことも確認した。加藤勝信官房長官は28日午前の記者会見で、日本政府が契約したワクチンのうち、2種類は米企業が手がけていることが念頭にあると説明した。バイデン氏は4月にオンライン開催する気候変動サミットに首相を招待し、首相は参加する方向で検討することを伝えたという。首相は自身の訪米について「コロナの感染状況を見つつ、可能な限り早い時期で調整していくことになった」と説明したが、具体的な日程には触れなかった。必要に応じて電話協議するとした。

 米国の日本防衛義務について定めた日米安保条約5条の沖縄・尖閣諸島への適用のほか、北朝鮮による拉致問題や核・弾道ミサイル開発への対処などについても改めて連携を確認した。新型コロナの影響で今夏に1年延期された東京五輪・パラリンピックについては「どのようなやりとりがあったのか」と記者団に問われたが、首相は「今回はやりとりはなかった」と説明した。

 両首脳は互いの呼び方について、首相を「ヨシ」、バイデン氏を「ジョー」と、ファーストネームを用いて呼ぶことでも一致したという。(小野太郎)