[PR]

 日本相撲協会は28日の理事会で、3月にエディオンアリーナ大阪で開催予定だった春場所を東京・国技館で行うことを決めた。昨年10月に大阪開催をめざすと発表していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて方針転換した。

 大相撲の本場所は年6場所のうち3場所を大阪、名古屋、博多で行ってきたが、昨年は新型コロナの影響で無観客で3月に大阪で開催した春場所以外は、東京で開催した。今年春場所を大阪で開催できれば1年ぶりの地方場所だった。

 春場所を巡っては、2011年2月に八百長問題が発覚した影響で中止になったことがある。