麻生氏「甚だ不適切、猛省促した」麻生派議員クラブ問題

[PR]

 自民党の松本純国対委員長代理が緊急事態宣言下の深夜に東京・銀座のクラブに行っていたことについて、麻生太郎副総理兼財務相は28日、「国民のみなさまにも何かとご迷惑やご苦労をおかけしている最中に甚だ不適切。猛省を促した」などと述べ、厳重注意したことを明らかにした。派閥例会のあいさつで語った。

 麻生氏は新型コロナウイルス対応の法改正を行っている最中であることも問題視し、「関係者のみなさんにも大変ご迷惑をおかけすることになった。申し訳ありませんでした」と陳謝した。

 一方、公明党山口那津男代表も遠山清彦・前財務副大臣が銀座のクラブに行っていた問題について、28日の党中央幹事会で、「我が党からこうした振る舞いをする議員を出したことに、国民の皆様に心からおわびを申し上げたい」と謝罪した。

 遠山氏は知人に誘われたとしているが、山口氏は「たとえ支援の輪を少しでも広げるための話し合いだったとしても、大局から自らを律して、国民の皆様にどう対応しなければならないか、毅然(きぜん)と行動に表さなければならなかった」と述べた。