今ならええか…痛恨の宴会 妻に送った「死にそう」

有料会員記事新型コロナウイルス

矢島大輔、堀之内健史
[PR]

 新型コロナウイルスに感染し、重症化して集中治療室(ICU)に入った男性(51)が、闘病体験を朝日新聞に語った。居酒屋で鍋を囲み、集団感染になった。悔恨と看護師らへの感謝から、「いまコロナになったらほんま危ないで」と周囲に伝えている。

 兵庫県加古川市の会社員、前川真一郎さん。感染判明は昨年11月。「今ならええんちゃうか」とゴルフコンペを開き、友人17人で宴会をした。翌日から次々と感染が分かり、自らを含めて感染者は計8人。「まさか自分がなるとは」

39度台の高熱。息を吸える量が減り「陸でおぼれているような」状態に…手帳にはコロナによる苦しみ、不安や後悔が記されていました。記事後半には、前川さんが自らの体験を語る動画があります。

 入院後も39度超の熱が続き…

この記事は有料会員記事です。残り2151文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]