「炭素に価格」本格検討へ 実質ゼロ向け欧州の動きも

有料会員記事

戸田政考
[PR]

 温室効果ガスの排出に課税するなどして削減を促す仕組み「カーボンプライシング」の導入の本格的な検討が2月に始まる。これまで何度も検討されたが、経済界からは「負担が増える」として反対が多く、実現していない。1日に環境省で議論を再開し、中旬には経済産業省で検討会が立ち上がる。欧州では国境を超えた炭素税のような仕組みづくりも進んでおり、国内事情にとどまってはいられない状況だ。

「実質ゼロのために必要な仕組み」

 「成長につながるカーボンプライシングにも取り組んでいく」。菅義偉首相は18日の施政方針演説でこう述べた。昨年12月下旬には、小泉進次郎環境相と梶山弘志経産相カーボンプライシングについて、両省で連携して議論するようにと直接指示を出していた。

 関係者によると、その数日前…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。