第4回息子の誕生直後、父が目にした数人の遺体 生と死に直面

有料会員記事

根岸拓朗
[PR]

 携帯電話から聞いたことのない警報音が響き、病院がぐらぐらと揺れた。

 2011年3月11日午後2時46分、福島県白河市。4階の部屋にいた郷英明さん(39)が窓の外を見ると、山から煙が上がったように見えた。「火事か?」

 2歳だった長男の肩を抱き寄せ、そばのベビーベッドが動かないように押さえた。透明のケースごしに赤ちゃんが眠っている。約30分前、妻の佳子さん(39)が帝王切開で出産したばかりの次男、颯太(そうた)くんだ。

あの日響いた産声

絶望と混乱が日本を覆ったあの日、東北の被災地に希望の産声が響いた。3月11日に10歳になる子どもと、その家族の思いを取材しました。

 「赤ちゃんってこんなに小さ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら