刑事罰削除で与野党合意 首相「政府として尊重し対応」

[PR]

 菅義偉首相は28日夜、新型コロナウイルス対応の特別措置法と感染症法の改正案をめぐり、刑事罰の規定を削除することで自民、立憲民主の両党が合意したことを受け、「政府としてはこの合意を尊重して対応する」と述べた。首相官邸で記者団の取材に応じた。

 営業時間の短縮などの命令に違反した事業者への過料が新設される見通しになったことを踏まえ、首相は「今まで以上に実効性のあるものになると思っている」と強調。入院拒否などに懲役刑や罰金を科す刑事罰の規定を削除したことへの評価も問われたが、「感染を縮小させるために全力でがんばってまいる」などと述べるにとどめた。