日本海側、週末にかけ暴風雪の恐れ ピークは30日まで

山岸玲
[PR]

 発達する低気圧の影響で、30日にかけて日本海側では暴風雪や大雪が予想されている。今週末は大学入学共通テストの第2日程が予定されており、30日朝は交通機関の乱れなどに注意が必要となりそうだ。

 気象庁によると、日本海では29日に低気圧が急速に発達しながら北海道へ進む見通し。北陸から九州にかけての日本海側では29日まで、北海道や東北では30日まで非常に強い風が吹くとみられ、気象庁は暴風雪への警戒を呼びかけている。

 また、低気圧の通過後は強い冬型の気圧配置となり、30日にかけて日本海側は大雪の恐れがある。北陸では平地でも一時的に降雪が強まる可能性があるという。

 29日午後6時までに予想される24時間降雪量は山地や山沿いの多いところで、北陸70センチ▽東海60センチ▽北海道50センチ▽東北と近畿40センチ▽中国30センチ。その後もさらに降雪量は増える見込み。

 雪のピークは30日午前までとみられるが、北海道や東北の日本海側、北陸では31日も降雪が予想されている。その他の地域では30~31日はおおむね晴れか曇りの見通し。(山岸玲)