EU、再び日本から入域を原則禁止 感染拡大の状況反映

新型コロナウイルス

ブリュッセル=青田秀樹
[PR]

 欧州連合(EU)は28日、日本からの渡航を原則として認めない方針を決めた。コロナ禍が落ち着いている国だと判断されていたが、変異ウイルスへの警戒感もあって規制を強めるEUは、受け入れ可能国のリストから日本を外した。

 国境管理の権限は加盟国にあり、EUは足並みをそろえての対応を求める。EU諸国は昨春、域外との往来を止めた後、日本を含む15カ国をリストアップし、観光客や短期出張者ら不要不急の渡航者の受け入れを7月から進めた。だが各地で感染が再び拡大し、リストは8カ国に縮小。日本の除外で、渡航が認められる国は豪州ニュージーランドシンガポール、韓国など7カ国となった。

 受け入れの是非を決める基準は当初、感染者数や検査の状況などだったが、欧州委員会は感染力が高い変異ウイルスの項目の追加を提案。日本では、感染の急拡大で再び緊急事態宣言が出され、変異型も見つかっている。EUは日本の除外理由を公表していないが、こうした点が判断に影響した可能性がある。長期滞在者や医療関係者らの入域は引き続き認められる。

 感染が収まらないEU諸国では、ワクチンの接種を急ぎつつ、夜間の外出や飲食店の店内営業を禁じるといった厳しい対応をとっている。域外からの渡航者に対しても、出発前72時間以内のPCR検査の義務づけや、変異型が確認された国からの入域の場合は最大2週間の隔離を課すといった規制の強化に動いている。(ブリュッセル=青田秀樹)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]