元横綱栃ノ海の花田茂広さん死去 82歳

 大相撲の元横綱栃ノ海、元春日野親方の花田茂広(はなだ・しげひろ)さんが29日未明、誤嚥(ごえん)性肺炎のため82歳で亡くなった。日本相撲協会が発表した。

 青森県田舎館村生まれ。1955年秋場所に初土俵を踏んだ。60年春場所新入幕、62年夏場所で初優勝を飾り、大関へ。64年初場所後に横綱に昇進した。

 177センチ、110キロと小兵ながら、横綱大鵬ら大型力士にスピード感のある技能相撲で対抗。だが腰のけがなどが重なり、成績は下降線をたどった。66年九州場所で引退を表明。優勝は3回で、幕内通算成績は315勝181敗104休だった。敢闘賞1度、技能賞6度。

 引退後は、親方として後継を指導。1990年には春日野部屋を継承し、巡業部長などを務めた。

 明治以降に生まれた横綱では、初代若乃花が2010年に亡くなった時の82歳5カ月を超えて最長寿となっていた。