新型コロナの起源、中国で本格調査開始へ WHO調査団

有料会員記事新型コロナウイルス

武漢=高田正幸、ロンドン=下司佳代子
[PR]

 新型コロナウイルスの起源を調べるために中国湖北省武漢市を訪問している世界保健機関(WHO)の調査団は29日、本格的な調査に乗り出す。これから約2週間の現地調査で市内の市場や研究所を訪問し、関係者の聞き取りなどを行う予定だ。

 29日朝、WHO調査団が拠点とするホテルの建物周辺には柵や規制線が設けられ、関係者以外の立ち入りが禁止されていた。午前9時前(日本時間同10時前)にはバス3台に分乗した中国側の専門家とみられるグループが訪れ、ホテルの中に入っていった。

 WHOのツイッターによると、調査団は29日、中国の専門家と初めて対面方式で会議を行う。今後、最初に集団感染が起きた華南海鮮卸売市場や、遺伝子配列が新型コロナに近い近縁種を雲南省で発見した武漢ウイルス研究所を訪問する。

 WHOのテドロス・アダノム…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]