[PR]

 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は28日、2035年までにエンジン車を全廃する方針を明らかにした。電気自動車(EV)など走行中に排ガスを出さない「ゼロエミッション車」に全面的に置き換える。気候変動対策を重視するバイデン新政権の発足直後に、米最大手のGMが野心的な目標を掲げたことで、電動化に向けた世界の自動車産業の動きが一段と加速しそうだ。

拡大する写真・図版ゼネラル・モーターズ(GM)は、大型車「ハマー」を電気自動車(EV)としてよみがえらせる=GM提供

 GMはこの日、製品や企業活動による二酸化炭素排出を40年までに実質ゼロにする計画を発表した。その一環として、スポーツ用多目的車(SUV)や小型トラックなどの主力製品について、35年までにガソリン車やディーゼル車を全廃させる目標を掲げた。次代を担うEVや自動運転車の開発に、同社の投資と開発人員の半分以上を注ぐという。

 メアリー・バーラ最高経営責任者(CEO)は「安全で環境に優しい世界をつくる政府や企業の取り組みにGMも加わる」としたうえで、同業他社などにも追随を呼びかけた。

 GMはかつて販売していた大型SUV「HUMMER」(ハマー)を約10年ぶりにEVとして復活させると発表するなど、このところ「EVシフト」を加速させている。

 昨年11月、今後5年間の関連…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら