• アピタル

第5回いつも光を浴びるから 手術を公表、挑むアイドルの役割

有料会員記事

松浦祐子
写真・図版
安田章大と色つき眼鏡
[PR]

 アイドルグループ関ジャニ∞安田章大(やすだしょうた)さん(36)は2017年2月、良性の脳腫瘍(しゅよう)である髄膜腫の手術を受けた。手術はうまくいき、10日後には退院。その2日後には仕事に復帰した。

 医師からは、手術の後遺症としてしばらくの間、光への過敏性が増すとの説明を受けた。「できれば自然光も制御したほうがいい」と助言された。日常生活では、ブルーライトをカットする眼鏡をかけ始めた。

 だが、対外的には病気と手術のことはオープンにしておらず、仕事では眼鏡をはずしていた。

 記者会見や舞台の稽古。強いライトの下や、フラッシュがたかれると、目の前に砂嵐のようなものが現れたり、ものがゆがんで見えたりした。その後、頭痛が起き、吐きそうになることもあった。

 手術から1年ほどが過ぎた1…

この記事は有料会員記事です。残り530文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら