国際問題研究所にトップシンクタンク賞 日本で初

有料会員記事

佐藤武嗣
[PR]

 世界の有力シンクタンクの動向を研究する米ペンシルベニア大ローダー研究所の「シンクタンク・市民社会プログラム」は28日、2020年の世界トップシンクタンク賞に「日本国際問題研究所」を選んだと発表した。これまでは米英のシンクタンクが受賞しており、日本のシンクタンクが選ばれたのは初めて。

写真・図版
日本国際研究所の佐々江賢一郎理事長

 同研究所の審査は、研究成果や情報発信、政策立案の橋渡し役などで評価し、調査規模や厳密な評価などで世界で権威ある世界のシンクタンク・ランキングの一つとされ、今回は世界の約1万2千のシンクタンクを対象に審査した。

 世界ランキングのほか、年間…

この記事は有料会員記事です。残り533文字有料会員になると続きをお読みいただけます。