佐賀県警本部長、暴行死事件を説明 従来の見解繰り返す

有料会員記事

平塚学、大村久
[PR]

 福岡県太宰府市の女性暴行死事件を巡る対応について、佐賀県警の杉内由美子本部長が29日、初めて報道陣の質問に答えた。事件前に女性の遺族から相談を受けながら事件化しなかったことについて、「申し出の内容から、ただちに危害が及ぶ可能性があるとは認められなかった」とする県警の従来の見解を繰り返した。遺族が求める再調査は否定した。

 事件について、杉内本部長はこれまで報道陣の質問に直接答えず、刑事部幹部が答えてきた。警察関係者によると、県警の対応が批判を集めるなか、警察庁とのやりとりも経て本部長が自分の言葉で話す機会を設けた。

 事件は2019年10月、太宰府市の駐車場の車内から無職高畑(こうはた)瑠美さん(当時36)の遺体が見つかり発覚。福岡県警が高畑さんと同居していた無職山本美幸被告(42)ら3人を死体遺棄などの疑いで逮捕した。

 遺族は事件前の19年7月中旬~9月下旬、高畑さんから金を無心されたり、暴力団との関係を示唆する山本被告らに脅されたりしていることを佐賀県警に少なくとも8回相談。被害届の受理も求めたが断られ事件化されず、その後高畑さんは暴行を受け亡くなった。

 杉内本部長は「一連の申し出…

この記事は有料会員記事です。残り619文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら