金融緩和、出口見失った日銀 重なるベトナム戦争の泥沼

有料会員記事

[PR]

多事奏論」 原真人(編集委員)

 半世紀前に歴史的スクープを放った米ニューヨーク・タイムズ紙の元記者ニール・シーハン氏が84歳で死去した。彼が報じたのは米国防総省によるベトナム戦争の秘密報告書だ。歴代政権が国民にうそをつき、戦争を泥沼化させていった政策判断や秘密工作、軍事記録が克明に記録されていた。

 当時のニクソン政権は激怒し、安全保障を理由に連邦裁判所に記事掲載の差し止めを求めた。新聞各社に圧力をかけ、真実を隠そうとした。その息詰まる攻防劇はスピルバーグ監督の映画ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」でも描かれている。

 3年前に映画をみて当時の記者たちの気概に感じ入ったものだが、権力取材の教訓もいくつか学んだ。政府は不都合な真実を隠す。平和な解決策がなければ先送りが唯一の手段になる。そして「出口戦略」なき戦争はかくも悲惨な結果を招くことだ。

 出口戦略(exit str…

この記事は有料会員記事です。残り1183文字有料会員になると続きをお読みいただけます。