選抜高校野球、出場32校が決まる 21世紀枠は4校

高校野球

[PR]

 第93回選抜高校野球大会日本高校野球連盟毎日新聞社主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)の出場32校を決める選考委員会が29日、オンラインで開かれ、一昨年の明治神宮大会で優勝した中京大中京(愛知)、昨秋の地区大会を制した健大高崎(群馬)や智弁学園(奈良)、52年ぶりとなった宮崎商などが選ばれた。

 昨秋の明治神宮大会中止に伴い、神宮枠に代わって21世紀枠が一つ増えて4に。八戸西(青森)、三島南(静岡)、東播磨(兵庫)、具志川商(沖縄)のいずれも初出場4校が選出された。連合チームとして初の甲子園をめざした富山北部・水橋は選ばれなかった。

 組み合わせ抽選会は2月23日、大会は3月19日に兵庫県西宮市阪神甲子園球場で開幕する。

 新型コロナウイルス対策として、チケットは前売り販売のみで、感染者が出た場合の経路を追えるように全席指定。アルプス席は学校関係者のみとなる予定。開会式は全出場校での入場行進は行わず、簡素化することが決まっている。

 出場校は以下の通り。

 北海(北海道)、仙台育英、柴田(宮城)、常総学院(茨城)、健大高崎(群馬)、専大松戸(千葉)、東海大菅生(東京)、東海大相模(神奈川)、東海大甲府(山梨)、中京大中京(愛知)、県岐阜商、上田西(長野)、敦賀気比(福井)、京都国際、大阪桐蔭神戸国際大付(兵庫)、智弁学園、天理(奈良)、市和歌山、広島新庄、鳥取城北、下関国際(山口)、聖カタリナ(愛媛)、明徳義塾(高知)、福岡大大濠、大崎(長崎)、明豊(大分)、宮崎商

 【21世紀枠】八戸西(青森)、三島南(静岡)、東播磨(兵庫)、具志川商(沖縄)