「半殺しだよ」 〝最長寿横綱〟が生前に語った思い出

有料会員記事

鈴木健輔
[PR]

 29日に亡くなった大相撲の元横綱栃ノ海、花田茂広さんは昨年、明治以降に生まれた横綱で最長寿となった。「ええ、俺が? 体に良いことしているつもりはないけどな」。自宅マンションで受けてくれた取材で困ったように笑っていた。

 現役時、体重は最高で100キロ余。強くなれたのは「(初代横綱)若乃花さんのおかげ」と言っていた。

 「土俵の鬼」と呼ばれ、栃ノ海の兄弟子である栃錦のライバルだったが、目をかけてくれた。出身が同じ青森県。名字も同じ花田。「俺に親近感を持っていたんじゃないかな」。巡業の稽古でいつも指名された。

 相撲を取る稽古が30~40…

この記事は有料会員記事です。残り383文字有料会員になると続きをお読みいただけます。