起源特定は可能か?武漢で始動のWHO、国際政治の影も

有料会員記事新型コロナウイルス

平井良和
[PR]

 新型コロナウイルスの起源を調べるため中国・武漢に入った世界保健機関(WHO)調査団が29日、現地調査を始めた。治療薬の開発や次のパンデミック予防につながる成果を目指すが、感染拡大から1年余りが過ぎており、時間と政治の壁を乗り越えられるかが焦点だ。

 前日に2週間に及ぶ隔離を終えた調査団は29日午後、数台の車に分乗し拠点としているホテルを出発。メンバーは、追跡する報道陣に笑顔も見せた。

 一行が最初に向かったのは中西医結合病院。2019年12月末、原因不明の肺炎患者が相次いでいることを初めて市の疾病予防コントロールセンターに通報したことで知られる。

 病院には報道陣が近づかないよう柵や警備スタッフが配置され、調査の様子はうかがえなかったが、調査団は医師らから感染拡大初期の患者の特徴や傾向を聞くなどしたとみられる。

 現場調査に先立つ29日午前、調査団は滞在するホテルで中国側の専門家と協議した。双方は隔離期間中もオンラインで会議を重ねてきたが、対面では初めて。調査団の一人はツイッターで「マスク越しに仲間たちと対面し訪問のプログラムを話し合っている。中国側のリーダーが冗談を言っている」と、様子を伝えた。

 調査団は各国から集まったウ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]