30日は大雪の予想 北陸や北海道と東北の日本海側

山岸玲
[PR]

 強い冬型の気圧配置となる影響で、30日は北海道と東北の日本海側、北陸で暴風雪や大雪となると見込まれている。大学入学共通テストの第2日程が予定されている30日朝は交通機関が乱れる可能性もあり、受験生は最新の情報を確認する必要がありそうだ。

 気象庁によると、低気圧が発達しながら日本海から北海道へ進んだため、29日は吹雪となったところもあった。同日早朝、山形県酒田市新潟県佐渡市などで最大瞬間風速30メートル超を観測した。

 低気圧通過後の30日は冬型の気圧配置となり、強い寒気が日本付近に流れ込む見通し。北海道や東北、北陸では雪を伴った非常に強い風が吹くほか、大雪となる地域もあると予想されている。気象庁は、猛吹雪による交通障害に厳重な警戒を呼びかけている。

 30日にかけて予想される最大瞬間風速は北海道40メートル、東北と北陸35メートル。30日午後6時までに予想される24時間降雪量は多いところで、東北と北陸60センチ、北海道40センチなど。

 北海道や東北の日本海側、北陸では31日も降雪が予想されている。東日本の太平洋側や西日本では30、31日ともおおむね晴れか曇りの見通し。(山岸玲)