東京への転入超過、約3万人に半減 郊外への転出続く

有料会員記事

[PR]

 総務省は29日、住民基本台帳に基づく2020年の人口移動報告をまとめた。東京都は、転入者が転出者数を上回る「転入超過」が3万1125人で、前年よりも62・5%減った。新型コロナウイルスの感染拡大によってテレワークが広がり、都市部から郊外に転出する動きが続いたことなどが影響したとみられる。

 報告では、昨年の東京都への転入者数は43万2930人で前年比7・3%減。転出者数は40万1805人で前年比4・7%増えた。

 新型コロナの影響を背景に…

この記事は有料会員記事です。残り299文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら