私立中入試、女子校が熱い コロナ下に細やかな魅力発信

変わる進学

宮坂麻子
[PR]

 2月1日から、東京、神奈川の私立中学校の一般入試がスタートする。先に始まった埼玉、千葉の中学入試では、新型コロナウイルス感染への不安からか、受験生が受験校数を絞り、確実な合格を狙う傾向がみられる。出願者数が減りそうな学校も多いなか、女子校では出願者数を伸ばす学校が目立っている。(宮坂麻子)

オンラインで校風伝え、好評

拡大する写真・図版「ライブ相談会」で受験生にアドバイスする生徒の動画の一場面=鷗友学園女子中学校提供

 鷗友学園女子中(東京都世田谷区)は今回、出願受け付け開始から1週間足らずで、第1志望者が多い2月1日入試が、昨年の最終志願者数を超えた。1月29日時点で、昨年の約1・2倍の618人となっている。

 受験生限定のYouTubeチャンネルには、各教科の入試解説やコロナ下の学園の様子のほか、全校の生徒らが出演・制作した動画がずらりと並ぶ。

 「入試の時、緊張してしまいます。どうしたらいいですか」。受験生のそんな質問に、在校生が答える。「私は30秒ほど目を閉じて深呼吸しました」「使い慣れた問題集を試験直前までながめ、大丈夫だと自分を安心させました」

 昨年9月にあったオンライン学園祭の「鷗友生によるライブ相談会」の動画だ。生徒が発案し、その場で在校生が答えた。計4回開催し、各300~500人の受験生が参加した。

 「友達との関係」の動画では、生徒が、同校伝統の3日に1回の席替えを例示し「席についたまま友達ができる」「他人の個性に対し懐が深い生徒が多い学校」などと紹介。上下関係や部活紹介の動画もある。

 高校生は、各自が好きなタブレット端末などを1台ずつ持参し、使っている。オンライン会議システム「Zoom(ズーム)」も、生徒たちは一昨年の「女子高生サミット」で全国の高校生と遠隔会議をする際に利用しており、コロナ下で普及する前から使い慣れていた。昨年の長期休校明けに、動画アップのサイトなどを作る「サイバーチーム」を募集すると、すぐに数十人が集まったという。

 安田教育研究所の安田理代表は「今回の入試では、学校がコロナ禍の中で在校生や受験生のためにどんな工夫をしたかを、保護者も見ている」と指摘する。全体的には安全志向の傾向で、多くの難関女子校が出願者を減らしているという。鷗友については「進学実績も伸ばし、ここ数年で完全に難関校になり、本来なら敬遠されるレベル。生徒主体の校風や人間関係づくりなど、学校の魅力が受験生に伝わり、人気を集めたのではないか」と話す。

入試直前まで丁寧な見学会

拡大する写真・図版案内役の教員から、茶室や水屋のある「日本文化実習室」の説明を受ける受験生と母親=2021年1月23日午前8時37分、東京都渋谷区の実践女子学園中学校、宮坂麻子撮影

 大学付属の女子校でも出願者数を伸ばしているところがある。2月1日午前の入試の出願者が、1月29日時点で昨年の最終志願者の約1・5倍になった、実践女子学園中(渋谷区)だ。

 1月23日朝、同校で小6生と保護者向けの見学会が開かれた。親子1組に教員1人が付き添い、35分間、校内や授業を案内する。入試直前の開催は異例だが、30組の定員は満員だった。神奈川県から参加した母親(44)は「コロナ下で学校に直接行く機会がなかったので、入試直前でもありがたい」。受験校はすべて女子校という小6の娘(11)は「女子同士ではしゃげる学校がいい。雰囲気が知りたかった」という。

 同校では昨夏から、こうした小規模の見学会や説明会を繰り返してきた。夏休み後半は毎日。このほか、昨年3月から学校生活を紹介する動画を作り、約200本をYouTubeチャンネルなどにアップした。

 進学先は内部進学が3割程度を占めるが、海外大に進む生徒も毎年数人いるという。原田正彦副校長は「実際に来校したことで、グローバル教育、探究教育などに力を入れている学校だと理解されたことが、出願増加につながったのではないか」とみる。

時代の流れでアート注目

 約7割が内部進学する女子美術大付属中(杉並区)も、2月1日入試の志願者数を増やしている。過去3回で「204人→247人→299人」と増え、今回も361人(1月29日時点)まで増えた。

 美術と英語を融合した「アートイングリッシュ」のほか、全教科でiPadを活用した授業をしている。入試委員長の小島礼備(れび)主幹教諭は、教科横断型の「STEAM(科学、技術、工学、芸術・教養、数学)教育」の中に、アート(Art)が入ったことに着目する。「時代の流れでアートが社会に役立つ力として注目されている。芸術を入り口にした幅広い進路選びが、理解されたのではないか」

 昭和女子大付属昭和中(世田谷区)も、2月1日午前入試の志願者数が、18年度から「106人→147人→274人」と増え、今回は323人(1月29日時点)になった。

 中2全員に行う同校の米国キャンパス「昭和ボストン」での短期研修、世界に22ある協力校での研修、隣接する「ブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ昭和」や米テンプル大学との交流など、グローバル教育を充実させてきた。

 今春には、中1から「スーパーサイエンスコース」を設け、理数教育にも力を注ぐ。昭和大ほか複数の理系大との連携も進める。真下峯子校長は「女子校は女性が自分の能力を発揮することを教える場だ。ジェンダーギャップがなくなるまで存在意義はある」と語る。

 安田代表は「女子も、社会での活躍を見据えて学校選びをする時代になった。まだ、『ガラスの天井』はあるが、たくましく生きるキャリアの積み方を教えてくれる女子校は、今後も人気になるだろう」とみる。

(変わる進学)