新料金は評価可? 楽天モバイルの苦境「大手が潰しに」

有料会員記事

井上亮
[PR]

 楽天モバイルは29日、データ無制限で税抜き月2980円としてきた携帯電話のプランを4月から改め、データ容量20ギガバイト(GB)までなら1千円引き下げて1980円とするなど、容量に応じた料金プランにすると発表した。大手3社が相次いで新プランを発表し、楽天の料金水準に追随してきたことから、新たなプランで対抗する。

 菅義偉政権による料金の値下げ要請を受け、主な4社の新料金が出そろった。

 新プランは、使ったデータの容量に応じて3段階で料金が上がっていく仕組み。1GB以下は無料▽1GB超~3GB以下は980円▽3GB超~20GB以下は1980円▽20GB超はこれまで通りの2980円――とする。料金プランは引き続きひとつだけ。大手が新プランへの手続きをオンライン専用としているのに対し、楽天は店舗でも契約手続きができる。

 データをあまり使わない人にとって20GBは手に余るため、データ容量に応じた3段階の従量制にすることで、小容量の利用者も取り込むねらい。200万人弱いる楽天の格安スマホの契約者の移行も促す。楽天の三木谷浩史会長兼社長は同日、東京都内で開いた発表会で「全国民に最適なプランを提供する。これが楽天の心意気だ」と強調した。

 昨年4月に鳴り物入りで携帯…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。