センバツ出場の中京大中京 「先輩の思いを背負って」

高校野球

[PR]

(29日、選抜高校野球出場校発表)

 中京大中京の選手らは喜びで帽子を舞わせたりせず、落ち着いて出場の知らせを聞いた。

 「先輩たちの思いを背負って日本一をつかみたい」と主将の原尚輝。高橋宏斗(中日入団)を擁しながら、大会中止で涙をのんだ1学年上の選手たちの分まで甲子園で暴れ回る覚悟だ。

 エースの畔柳(くろやなぎ)亨丞(きょうすけ)は最速151キロという大会屈指の右腕。「分かっていても打たれないストレート。それを意識して投げる」と力強い。昨秋に痛めた腰回りの柔軟性を高めるトレーニングも順調にこなしてきた。高橋源一郎監督は「(新型コロナは)2年生にもかなり影響があった。感謝の気持ちを持ち、できる限りの準備をして臨みたい」。