上皇さまも3度訪問、志摩マリンランドが休止 老朽化で

有料会員記事

安田琢典

 水族館「志摩マリンランド」(三重県志摩市)が、3月いっぱいで営業を休止することになった。ユーモラスな表情で人気があるマンボウの飼育で知られ、昨年には開業50周年の節目を迎えたが、施設の老朽化には勝てなかった。

 運営会社の近鉄レジャーサービス(同市)から、29日午前に連絡を受けた橋爪政吉市長は「子どものころは親に連れられ、親になってからは子どもを連れ、延べ100回以上は足を運んだ。ショックが大きく、心に突き刺さる」と話した。鈴木英敬知事も報道陣の取材に、「私自身、子どもを連れて何度も行った。三重県にとって重要な場所で残念だ」と語った。

 館内では、ワシントン条約で…

この記事は有料会員記事です。残り282文字有料会員になると続きをお読みいただけます。