必勝期す菅首相、マイク握れぬ玉城知事 市長選の思惑

有料会員記事

藤原慎一、相原亮
[PR]

 日米が返還に合意している米軍那覇軍港(那覇市)の移設先の沖縄県浦添市で31日、任期満了に伴う市長選が告示される。移設を容認し、菅政権が推す現職と、移設反対を掲げ、野党各党が支援する新顔の一騎打ちの見込み。同県宮古島市長選で、支援した現職が敗れた菅義偉首相にとって、連敗すればダメージは大きいが、勝てば、来秋の知事選に向けた反転攻勢の足がかりになる。一方、玉城デニー知事は、表だって動けない事情がある。

 投開票は2月7日。立候補を表明しているのは、3選を目指す無所属現職の松本哲治氏(53)=自民、公明推薦=と、市議で無所属新顔の伊礼悠記氏(38)。伊礼氏は立憲、共産、社民、沖縄社会大衆が支援する。

 米軍普天間飛行場宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡って対立する政権と知事側双方にとって、まずは知事選に向けた「前哨戦」との意味合いが大きい。17日にあった宮古島市長選では、菅政権が推す現職を、玉城知事と「オール沖縄」勢力が支援した新顔が破り、初当選。危機感を強める菅首相は宮古島市長選に続き、自身の秘書と自民党職員を現地に派遣した。「仮に負ければ、本番の知事選に向け大きな打撃。大政局にもなりかねない」と自民党関係者は話す。

1年以上前から動く菅首相、動けない玉城知事の事情

 市長選で最大の争点となるのは、米軍那覇軍港(約56ヘクタール)の浦添市沿岸部への移設受け入れの是非だ。

 浦添市の南隣の那覇市にあり…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら