第2回貧困、孤独、愛国心 男を変えた「暗黒のオバマ時代」

有料会員記事

米バージニア州グウィンアイランド=藤原学思

拡大する写真・図版陰謀論 溶けゆくファクト②  デザイン・米澤章憲

[PR]

 米バージニア州グウィンアイランドに住むダグラス・スイート(58)は1月6日、ワシントンの連邦議会議事堂に侵入したとして、連邦捜査局(FBI)から逮捕された。何が彼を駆り立てたのか。自宅で、これまでの歩みを聞いた。

拡大する写真・図版ダグラス・スイートの自宅の庭には、トラクターが3台、小舟が2隻置いてある=2021年1月14日、米バージニア州グウィンアイランド、藤原学思撮影

 

 11歳の黒のラブラドル、ジェンキンスの額をなでながら、「私は幸せに過ごしてきた」とスイートは話した。

 1962年、現在の居住地から40キロほど離れたバージニア州ヨークタウンで生まれた。米国の独立戦争で1781年、英軍が降伏した場所だ。「米国が生まれた地だぞ」と得意げに話す。「愛国心を持って育ったんだ」

 父は米航空宇宙局(NASA)の航空エンジニアで、母は不動産業を営んでいた。10歳で現在の地域に家族で引っ越し、父は17歳のときに他界した。

米大統領選をめぐり、「票が操作された」「本当の勝者は違う」という、根拠のない陰謀論が絶えません。米国では連邦議会議事堂が襲撃される事件に発展し、日本でも拡散しています。こうした陰謀論はどこから生まれ、社会にどう影響するのか。シリーズで伝えます。

 地元の公立高を卒業してから…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら