御蔵島のオオミズナギドリ急減 ノネコが年300羽捕食

有料会員記事

米山正寛
[PR]

 伊豆諸島・御蔵島(みくらじま)で繁殖するオオミズナギドリが、近年急激に減っている。原因として問題視されているのが、野生化したネコ「ノネコ」だ。1匹が年間300羽余りを捕食しているとの推定結果を森林総合研究所や東京大、山階鳥類研究所のグループが発表した。

 オオミズナギドリは体重約500グラム、翼を広げると1・2メートルほどになる海鳥で、大半が日本周辺で繁殖する。渡り鳥で、最大の繁殖地とされる御蔵島には毎年3月から11月ごろに滞在する。東京都による1978年の推定では170万~350万羽が島内で繁殖していたとされるが、2016年の環境省調査では推定約10万羽まで減っていたという。

 オオミズナギドリは地面に穴を掘って営巣し、地上では動きが緩慢だ。このためノネコに捕食されやすい。繁殖地には食べ残されたとみられる翼や骨が散らばっており、自動撮影カメラでもノネコがオオミズナギドリを捕らえる様子が何度も撮影されている。

 実態をつかむため、グループ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら