雪山で親子3人遭難 暗闇の中、男性はライト手に登った

有料会員記事

竹中美貴
[PR]

 奈良県天川村の稲村ケ岳(標高1726メートル)から登山仲間2人と下山した会社員の岩崎哲裕さん(41)=兵庫県加古川市。そこでひとりの女性に話しかけられた。昨年12月28日午後5時半ごろのことだった。

 「家族がおりてこないんです。会いませんでしたか」

 事情を聴くと、女性は家族と一緒に、奈良市から日帰りで天川村を訪れていた。女性は約3時間の遊歩道を車で先回りして、夫(53)と長女(21)、長男(19)を迎える予定だったが、連絡が途絶えたのだという。

 この日は気温も低く、登山道には雪が積もっていた。日も沈み、あたりは真っ暗だ。とにかく早く捜しにいかなくては――。岩崎さんはライトを片手に、下山したばかりの登山道を引き返した。

 「滑落しているかもしれない」。最悪の事態も頭をよぎった。ホイッスルをふいたり声を張り上げたりしながら3人の姿を捜した。

 1・5キロ進んだところで長…

この記事は有料会員記事です。残り354文字有料会員になると続きをお読みいただけます。