リバプール、エース目覚める 名ストライカー以来の快挙

有料会員記事

ロンドン=遠田寛生
[PR]

 サッカーのイングランドプレミアリーグは31日に4試合があり、2季連続で優勝を目指すリバプールウェストハムを3―1でくだし、3位に浮上した。日本代表の南野拓実は出番がなかった。

 優勝戦線に踏みとどまるかどうかの一戦で、エースが目覚めた。エジプト代表のFWサラーだ。

 両チーム無得点で迎えた後半12分、ゴール右でボールを受けるとドリブルで仕掛けた。細かいタッチで相手をかわしシュートコースを見つけると、左足でカーブをかけて豪快にネットを揺らした。

 後半23分にはお手本のようなカウンターから得点した。味方がクリアしたのを合図に自陣ゴール前から猛ダッシュ。左斜め後ろから来た浮き球のパスを難なく右足でコントロールすると、左足で方向を変えてゴールへ流し込んだ。

 試合前、勝ち点44で首位に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら