[PR]

 田野瀬太道・文部科学副大臣(自民党)と同党の大塚高司・国会対策副委員長は1日、役職を辞任する意向を固めた。緊急事態宣言下の1月18日に、松本純衆院議員とともに東京・銀座のクラブを訪れていたことが理由という。

 松本氏は18日夜に銀座のクラブなどに通っていたとニュースサイトのデイリー新潮が26日に報道。報道を受けて、松本氏は記者団に「陳情を承るという立場で一人で行っている」と語っていた。松本氏は29日に党国会対策委員長代理を辞任していた。

 田野瀬氏は衆院奈良3区選出の当選3回、大塚氏は衆院大阪8区選出の当選4回。