性虐待、書けなかった4年 木崎みつ子さん芥川賞候補作

有料会員記事

上原佳久
[PR]

 大阪出身の作家、木崎みつ子さん(30)の芥川賞候補になったデビュー作『コンジュジ』(集英社)が刊行された。性虐待をテーマに選んだが、「安易に取り上げていないか」と自問を繰り返すこと4年間。「小説で何かを変えられるとは思いませんが、傍観者ではいたくなかった」と、5年をかけて書き上げた一冊だ。

 大学卒業後、書店員などの仕事をしながら、短編小説を書いていた木崎さん。性虐待の事件報道に触れるうちに、被害者の手記を読むようになったという。

 「誰にも相談できずにいる被害者の存在を知り、自分の中で、何か突き動かされるものがありました」

 2015年初春、初めての中編のテーマにすると決めて、書き出した。

 〈せれながリアンに恋をしたのは、もう二十年も前のことだ……〉

 だが、そこで筆が止まった。書くことで誰かの尊厳を再び傷つけてしまわないか? 読み手の関心を引きたくて、このテーマを選んだのでは? 堂々巡りの自問は尽きず、「4年間、それ以上1行も書けませんでした」。

 ウェブサイトの記事の校正の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら