冬季国体、スキー競技の中止決定 選手らの3密回避困難

新型コロナウイルス

佐藤仁彦
[PR]

 日本スポーツ協会は1日、秋田県鹿角市の花輪スキー場で18~21日に開催予定だった第76回冬季国体スキー競技会(鹿角国体)の中止を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、秋田県が協会を含む他の主催団体に中止を申し入れ、1日に開かれたオンラインでの臨時国体委員会で了承された。

 協会は中止理由について、花輪スキー場に全種目の会場が集中し、参加選手らの3密を避けることが難しいことや、選手団の宿泊施設の個室が2割しかなく、選手らが相部屋になることで感染リスクが高まると説明。また、県内の基幹病院で院内クラスター(感染者集団)が発生しており、選手らに感染者が出た場合、医療体制に重大な懸念が生じることを挙げた。

 鹿角国体は、同協会や県、鹿角市文部科学省全日本スキー連盟の主催で、4種目の競技を無観客で実施し、選手ら約1800人が参加予定だった。

 同協会によると、国体スキー競技会の中止は、大雪で開催できなかった1947年の第1回以来、2回目という。佐藤仁彦

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]