沖縄県浦添市長選が告示 首相と知事それぞれ「前哨戦」

国吉美香、藤原慎一
[PR]

 沖縄県浦添市の市長選が31日告示され、菅政権が推し、3選を目指す現職の松本哲治氏(53)=自民、公明推薦=と、玉城デニー知事や立憲、共産、社民、沖縄社会大衆の各党が支援する前市議で新顔の伊礼悠記氏(38)がいずれも無所属で立候補した。2月7日に投開票される。

 米軍那覇軍港(那覇市)の返還をめぐり、日米が条件とした浦添市沿岸部への移設について、松本氏は容認、伊礼氏は反対で、受け入れの是非が最大の争点だ。玉城知事は軍港移設は容認するが、最優先課題である米軍普天間飛行場宜野湾市)の名護市辺野古移設について、伊礼氏と反対で一致。玉城知事と菅政権にとっては、来秋の知事選に向けた「前哨戦」の意味合いも持つ。

 松本氏は31日、具体的な政策にはふれず「分断せず、心を一つに」と選挙事務所前で第一声。軍港移設については告示前の公開討論会で「浦添にとってはマイナスかもしれないが、県全体を見ればプラス」と語っている。出発式では、菅義偉首相からの「勝利を勝ち取ることを信じます」との電報が紹介された。

 伊礼氏は、軍港移設予定地の海岸で「新たな米軍施設に反対し、平和な沖縄、浦添をつくっていこう」と声を上げ、移設反対と新型コロナ対策を訴えた。玉城知事は姿を見せなかったが、午後になって「浦添初の女性市長を」とのタイトルで応援メッセージ動画をネット上に配信し、支持を呼びかけた。(国吉美香、藤原慎一)