仕事に「全集中」できる? 新幹線オフィスに乗ってみた

有料会員記事

一條優太
【動画】新幹線の車内でリモートワークが可能な「新幹線オフィス」の実証実験が始まった=一條優太撮影
[PR]

 JR東日本が1日から「新幹線オフィス」の実証実験を始めた。初めての試みだが、いったいどんなものなのか、記者も体験してみた。

 1日午前、JR仙台駅で「はやぶさ108号」に乗り込んだ。新幹線オフィスとして開放されたのは1号車。空いていた席に座り、夕刊に出していた原稿の確認作業を行った。

 気になる通信環境だが、Wi―Fiルーターが無料で一人一台貸し出された。通信速度にストレスはない。作業もスムーズに行えたように思えた。

 楽しみにしていたのが、集中状態を測定する特殊なめがねだ。正式には、めがね型ウェアラブルデバイス「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」というらしい。

写真・図版
新幹線オフィスで利用できるWi-Fiルーターと集中状態が分かる特殊なめがね、使用できるアルコール除菌シート=2021年2月1日午前8時59分、東北新幹線車内、一條優太撮影

 乗車前に専用アプリをダウンロードしておいたが、その後も設定に必要な体重や身長など入力項目が多く、やや手間取った。夕刊の締め切り前に時間が無く、記事の確認に集中していたため、自分の集中度合いまでチェックして楽しむ余裕はなかった。残念だが、急ぎの作業がある人向きではないのだろう。

 座席で通話も試した。記者は、上司から急な問い合わせを受けることが多い仕事だが、通話のたびにデッキに向かうのは少しだけおっくうだ。新幹線オフィスという「公認」の環境で、人目を気にせず電話できるのは助かる。

写真・図版
リモートワークができる「新幹線オフィス」=2021年2月1日午前8時57分、東北新幹線車内、一條優太撮影

「マスキング音」効果は

 新幹線オフィスの車内では…

この記事は有料会員記事です。残り1043文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら