山口組、北九州うかがう? 工藤会の隙突き 警察は警戒

有料会員記事

緒方健二
[PR]

 4人が殺傷された市民襲撃4事件で、トップが1月14日に死刑を求刑された特定危険指定暴力団・工藤会北九州市)をめぐる内外の動きが急だ。対立組織と抗争中の国内最大指定暴力団・山口組の首脳がひそかにトップを拘置所に訪ね、表舞台で組織を取り仕切る幹部もひとまわり若返った。弱体化の隙を突いて山口組北九州進出をうかがっているとの情報もある。何が起きているのか。

 昨年10月22日、神戸市に本拠を置き、43都道府県を勢力範囲とする山口組ナンバー2の高山清司若頭(73)が福岡拘置所(福岡市)に現れた。関係者によると、空路福岡入りして午後、約30分間にわたり工藤会トップで総裁の野村悟被告(74)と面会したという。

 山口組はいま、離脱した勢力が2015年につくった神戸山口組神戸市)と抗争状態にある。各地で互いに襲撃を繰り返して昨年1月、両団体とも「特定抗争指定暴力団」に指定された。昨年2月には、三重県にある高山若頭の居宅に銃弾が撃ち込まれた。襲われる危険があるなかでの突然の来訪に、警察当局も緊張した。

 交わした会話の内容は不明だ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら