[PR]

 加藤勝信官房長官は1日の記者会見で、緊急事態宣言の最中に松本純衆院議員とともに深夜の東京・銀座のクラブを訪れていた田野瀬太道・文部科学副大臣を更迭し、後任に自民党の丹羽秀樹衆院議員を充てると発表した。持ち回り閣議で決定し、同日中に認証式を終える予定という。

 加藤氏は「現在、緊急事態宣言の中で国民にご不便やご苦労をかけている。そうした中でこうした対応があったことは甚だ遺憾であり、政府として国民におわびを申し上げたい」と述べた。菅義偉首相は1日昼、首相官邸で田野瀬氏と面会し「今回の対応はあってはならないことだ」などと更迭方針を伝えたという。

 田野瀬氏は1日昼に加藤氏と官邸で面会した際、1月18日夜に松本氏と会食していた事実を認め、「非常に軽率な行為であり、深く反省している」などと陳謝。松本氏が「1人で行っている」などと記者団に語っていたことを踏まえ、「松本議員との関係でなかなか申すことができなかった」と釈明していたという。