「漁師で生活できる」示したい 篠島の38歳が挑む養殖

有料会員記事

臼井昭仁
[PR]

 三河湾に浮かぶ篠島(しのじま)(愛知県南知多町)で、カキの養殖が本格的に始まった。日本一の水揚げ量を誇るシラス漁が有名だが、安定した「副業」になると、若手の漁業者たちが乗り出した。島内の旅館や各地の食堂から注文が寄せられるようになっており、「島の新たな名産になれば」と期待している。

 篠島でカキの養殖をしているのは2グループ、虎丸水産とえびや丸。

 虎丸水産の社長、新美大二郎さん(38)が始めたのは6年ほど前。島の沿岸で採取ができたムール貝を養殖しようと考えていたところ、視察先の長崎県の業者からカキの養殖を勧められたからだ。

 篠島とその周辺でカキの養殖…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら