炭治郎の炭は何束? 鬼滅の刃ドリルを小学生に無償提供

興野優平
[PR]

 ベネッセホールディングスは1日から、人気漫画「鬼滅の刃」とコラボした漢字計算ドリルを、無償で提供する。対象は現在の小学1~5年生で、約12万部を用意した。

 無償で提供されるドリルは、進研ゼミ小学講座で提供するものの一部で、春の進級に備えて、今年度学んだことが復習できる。漢字ドリルの例文は「善逸が□□(ひめい)を上げる」「カラスが指令を□  (つたえる)」と、作品にちなんでおり、計算問題も「炭治郎が炭を67本作りました」と、作品の世界観を映したものになっている。

 同社によると、昨年3月の一斉休校に伴う影響が今も続いているといい、小学校教員に実施したアンケートでは、「例年より学習内容の理解が浅くなっている」とする回答が4割以上あったという。「春の進級準備に“全集中”できるよう応援してまいります」としている。

 ドリルの申し込みは特設サイト(https://sho.benesse.co.jp/zemi/cp/kimetsu/別ウインドウで開きます)から。(興野優平)