罰則新設のコロナ改正法案、衆院で可決 3日にも成立

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルス感染拡大に対応する特別措置法と感染症法の改正案が1日、衆院本会議で賛成多数で可決した。与党である自民、公明両党のほか、立憲民主党日本維新の会が賛成。共産、国民民主両党は反対に回った。

 緊急事態宣言前から罰則を科す「まん延防止等重点措置」を新たに設けるほか、営業時間の時短要請に応じない事業者への罰則が新たに設けられる。自民と立憲両党の事前の修正協議により、入院や疫学調査を拒否した人に対する刑事罰は削除された。参院の審議を経て、3日にも成立する見通し。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]