• アピタル

神奈川県、感染急増時に「緊急酸素投与センター」開設へ

新型コロナウイルス

茂木克信
[PR]

 神奈川県は1日、自宅や宿泊療養施設にいる新型コロナウイルス感染者のうち、症状が悪化して入院が必要なのに、病床不足で入院先が決まらない人を一時的に受け入れる緊急酸素投与センター(24床)を開設する準備が整ったと発表した。県内では現在、感染者数が減ってきているため、再び急増した際に立ち上げるという。

 県によると、開設場所は県立スポーツセンター(同県藤沢市)にある陸上競技場の屋内。すでに、ベッドや酸素投与の機材、停電に備えた非常用電源装置の設置を済ませたという。同センターは緊急事態宣言を受け、原則休業している。

 開設時には、県から要請を受けた災害派遣医療チーム(DMAT)や日本医師会災害医療チーム(JMAT)の医師、県立看護専門学校の教員らが感染者の対応にあたる。(茂木克信)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]