富岡はかわいそうな町じゃない 22歳が語る「日常」

有料会員記事

力丸祥子
[PR]

 【福島】ネコの頭をなでて帰った通学路の駐在所。寄り道して缶入りのコーンポタージュを買ったコンビニ……。

 東京電力福島第一原発事故が起きた時、中学1年だった富岡町出身の秋元菜々美さん(22)が語るのは、多くの人が経験してきたであろう「日常」の風景だ。

 いま、その一帯は帰還困難区域。バリケードが張り巡らされた道と屋根が抜けた家や店舗が点在する。

 知人から紹介された首都圏か…

この記事は有料会員記事です。残り600文字有料会員になると続きをお読みいただけます。