ワクチン接種「5カ月で完了」 福岡市が見通し

新型コロナウイルス

神野勇人
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り、福岡市の高島宗一郎市長は1日、高齢者への接種開始から5カ月で希望する市民への接種が完了するとの見通しを示した。ただ、前提となる国のワクチン供給の時期は未定だ。

 ワクチンは16歳以上が接種でき、市は最大約129万人を受け持つ。県が医療従事者への優先接種を実施した後、市が約34万人いる高齢者への接種を始める。

 政府は高齢者への接種開始を「早くても4月1日」としており、具体的なことは決まっていない。市はインフルエンザ予防接種の実績などから、今後のスケジュールを予測。高齢者の接種完了に2カ月を要するとし、高齢者施設の職員や警察官や教職員、保育士ら計約5万人も高齢者と並んで接種させる意向。その後3カ月かけて、他の市民への接種を終えたいとしている。

 接種の予約は市ホームページや電話のほか、市のLINE公式アカウントからも受け付ける方針。土日に行う集団接種の会場は、4月に供用開始予定のマリンメッセ福岡B館(博多区)を検討中という。

 また、市は自宅療養する陽性者を対象に、血中酸素飽和度を測るパルスオキシメーターを1千台準備すると表明した。議会で関連予算案を審議し、今月中の貸し出し開始をめざす。(神野勇人)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]