政府、緊急事態宣言を延長へ 10都府県で3月7日まで

[PR]

 政府は1日、新型コロナウイルス感染症対応のため、11都府県を対象に7日までを期限に出している緊急事態宣言について、栃木県を解除し、10都府県で延長する方針を固めた。2日に正式決定する。3月7日までの延長とする見通しだ。

 菅義偉首相は今月1日夜、加藤勝信官房長官西村康稔経済再生相、田村憲久厚生労働相ら関係閣僚と首相官邸で対応を協議。首相はその後、「感染者数は減少傾向にあるが、しばらくは警戒が必要な状況だ」と記者団に述べた。官邸幹部は「今回の解除は栃木だけ。数字が良くなれば順次、解除していく」と語った。

 宣言を延長するのは、東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏4都県、大阪・京都・兵庫の関西3府県、愛知・岐阜の東海2県のほか、福岡県の計10都府県。宣言延長に伴い、観光支援策「Go To トラベル」の全国停止や、外国人の新規入国を全面的に止める措置も継続する方針だ。

 延長や解除は、2日に感染症…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]