第4回日本でも拡散する「陰謀論」 カルト化する二元論に警鐘

有料会員記事

池上桃子、貞国聖子、赤田康和
[PR]

 昨年の米大統領選をきっかけに、日本でもネット空間を中心に陰謀論が拡散している。トランプ前大統領を支持し、「アメリカは『ディープステート』(影の政府)に支配されている」などと唱える陰謀論グループ「QAnon(Qアノン)」に重なる訴えも目立つ。

拡大する写真・図版陰謀論 溶けゆくファクト④ グラフィック・米沢章憲

 トランプ氏の支持者らが1月6日(現地時間)に米連邦議会議事堂を襲撃してから数日後、ある日本語のツイートがトランプ氏を支持する人々の間で拡散していた。

 「ペロシ(米下院議長)のPCを押収したの、アメリカ軍海兵隊特殊部隊やん!」

拡大する写真・図版「ペロシ」の言葉を含むツイートで最も拡散された投稿。3千回以上リツイートされていた(画像の一部を修整しています)

 米メディアのファクトチェックhttps://www.usatoday.com/story/news/factcheck/2021/01/13/fact-check-pelosis-conference-room-laptop-taken-capitol-riot/6654323002/別ウインドウで開きますなど)ではこの内容は「誤り」と判断されているが、リツイートは3千を超えた。そのうち一人に取材を申し込むと、返信があった。「不正選挙はあったと思います。トランプさんはまた大統領にもどるでしょう!」。そう書かれていた。

 ダイレクトメッセージを通じて何度かやり取りをし、その後は電話で話を聞いた。

 東海地方に住む19歳の大学1年生という男性で、ツイッターには約1800人のフォロワーがいる。

陰謀論 溶けゆくファクト

日米で広がる「陰謀論」の背景を追ったシリーズです。日本の若者が情報を拡散する理由を尋ねました。記事の後半には、ジャーナリスト江川紹子さんへのインタビューもあります。

 「自分自身は知識が豊富なわ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。