茨城で鳥インフル、84万羽殺処分へ 自衛隊に派遣要請

片田貴也
[PR]

 茨城県は2日、同県城里町養鶏場で死んでいた鶏からH5亜型の鳥インフルエンザが検出されたと発表した。鳥の感染力や致死率が高い高病原性の疑いがある。国内での鳥インフルエンザの確認は今季41例目で、茨城県で17県目。

 1日に鶏舎5棟のうち1棟で171羽が死んでいるのが見つかり、県に連絡した。県の簡易検査で陽性が判明し、2日に遺伝子検査で陽性が確定した。

 県によると、この養鶏場では採卵用の鶏約84万羽が飼育され、産出額で全国有数の同県内でも最大規模。県は自衛隊の災害派遣を要請し、飼育されている鶏をすべて殺処分する。

 発生農場の半径3キロ以内にある2市町4農場(計約13万羽)で鶏や卵の移動を制限し、半径3~10キロ以内にある5市町14農場(計約91万羽)で搬出を制限する。(片田貴也)